2014年11月22日土曜日

《キャサリン妃のNYツアーを前にUAメディアに警告!》 《Claridge's London ☆ Christmas Tree 2014》 《Katie Mullally ☆ ジュエリー》

 
 
 
 
《キャサリン妃のNYツアーを前にUAメディアに警告!》

先日お伝えした、
来月のキャサリン妃ご夫妻のNYツアーに際し、
なんと、
バッキンガムパレス側から取材が予定されるメディアへ、
お達しが出た!
 
*********************************** 

Attire for journalists covering Royal engagements

Journalists wishing to cover Royal engagements, whether in the United Kingdom or abroad, should comply with the dress code on formal occasions out of respect for the guests of The Queen, or any other member of the Royal Family.

Smart attire for men includes the wearing of a jacket and tie, and for women a trouser or skirt suit. Those wearing jeans or trainers will not be admitted and casually dressed members of the media will be turned away. This also applies to technicians.

Top hats, however, seem to be entirely optional.

 
 (http://www.royal.gov.uk/LatestNewsandDiary/Mediaguidelines/Overseasengagements.aspx)
 
 
************************************
 
The email issued yesterday to American reporters stated, “Journalists wishing to cover Royal engagements, whether in the United Kingdom or abroad, should comply with the dress code on formal occasions out of respect for the guests of The Queen, or any other member of the Royal Family.

The Buckingham Palace press office has always been somewhat celebrated for the rules it seeks to impose on press photographers, rules which have become steadily less relevant since the sale of the first camera-equipped phone. The palace website, for example, cautions photographers that they “should not photograph” royals  “while they have food or a glass in their hand or during a meal,” although, the website allows, “it is quite in order for a photograph to be taken during a Loyal Toast, or immediately before food is served.”

Bizarrely, in royal press protocol, journalists are only allowed to take photos during speeches , “for the first minute after they start talking”.

You are also not allowed to film or photograph a royal ‘at prayer’.
In the UK you can get a serious telling-off from the press minders and even be excluded from future events if you disobey these rules.

Press are also discouraged from asking and shouting out questions at the Royals during press calls. It should also be noted that the ancient paparazzi tradition of yelling , “Oi! Kate! Over here love!” to get the Duchess to turn your way is not on at all, although lately some photographers have taken to gently calling out, “Sir, Sir, Ma’am, over here please!”

The ultimate sin, though, is to obstruct the Royal view. As the press office says, “It is particularly unfortunate if photographers are allowed to insert themselves between the Royal visitors and whomever or whatever it is they are meeting or watching.”

“Particularly unfortunate” is, of course, code for, “You’ll never work this beat again, pal.”
 
 

通常は表に出ることのない記者の方々、
例えばロイヤルメンバーの周りにも、
どんな、そしてどれくらいの人たちが同行、
もしくは後を追っているかは、なかなか分からないもの。
 
しかし、
実際今年4月のニュージーランド&オーストラリアツアーにも、
ウィリアム王子&キャサリン妃の周りには
常に記者団がごっそりいました。

そんな記者達は、世界共通24時間忙しい!
ファッションの観点でも、
皆さん同じような格好(笑)
基本は楽チンスタイル。
なにせ機材を持って仕事をする為、
スーツではむしろ仕事しづらい、のも事実。

しかし、
それを知ってか知らずか
さすが紳士&淑女をモットーとする英国王室。
今回のニューヨーク取材を前に、
こんな通達をメールで送った?、
少なくともHPにUP!!

「英国、諸外国関係なく、王室の公務取材を希望するジャーナリストの皆さんは、
クイーンもしくは王族のゲストのために敬意を表して頂き、
フォーマルな場では、ドレスコードに沿った装いをお願いしたいと思います。
男性は、ジャケットとタイ着用のスマートな服装、
女性は、パンツかスカートのスーツスタイル。
ジーンズやースニーカーは認められません。
もしそのような軽装のメディア関係者にはお帰り頂くことになることを了承下さい。
技術者の方達にも同様に適応されます。
しかしながら、トップハットの着用は選択自由となります。」

訪問国メディアにこれを送るなんて、、、
ただただ、あっぱれ、英国王室!!
凄すぎる(@_@;)
 

他国を訪問するということは、外交的意味も当然秘めており、
ウィリアム王子やキャサリン妃がドレスコードやTPOを重視されることは勿論ですが、
お二人の取材をするといった関係者にまで、
敬意とプライドを持った出で立ちを希望されているということか・・・。

カ メラ付き携帯電話の普及により、
段々と不適応にはなっているものの、
実は英国内では、
様々な王室プレスが決めたプロトコールが存在するようで、
ロイヤルメ ンバーが物を食べている最中や、
手に眼鏡を持っている際は、撮影禁止だと、
正式な記載がされているらしい。
 
しかし、
食事が出てくる寸前の乾杯シーンは許されているとか、
ロイヤルメンバーの方々のスピーチシーンも
取材は許されるが、最初の数分だけなのだとか、
ん?!・・・・と思われる点も(笑)
 
このように、UK内では
こういった王室命令も、実は通常??
従わないと、
プレスのガードによって、真剣に大目玉を食らったり、
場合によっては、
それ以降イベントから外されることもあるのだとか。。
 
そして、記者会見の際のロイヤルへの呼び方(視線をもらう為の)も、
 “Oi! Kate! Over here love!”
は喜ばしくなく、最近ではもっぱら
↓ ↓
 “Sir, Sir, Ma’am, over here please!”
ひえ~~っ
 これ、アメリカじゃあ無理とみた(・・;)
 

この考えると、
英国人メディアには既に慣れっこじゃあ、、?
と思われる英王室プロトコール。
なんだか、今回のメール警告には、
アメリカメディアに対しての
英国流の皮肉がたっぷり込められているように感じるのは
私だけ??
いや、さすがにコワイなあ・・・・・
 
ロイヤルメンバーは勿論、ドレスコードを守りますけど、
貴方たちも、取材したければ、
自分達に敬意を表した装いでいらっしゃい!
とおっしゃっている、
クイーンのお姿が目に浮かんでしまいます(^_^;)

しかし、相手はアメリカ
 黙っていなかった。。

The New York Timesの 《Charlie Savage》氏
はTwitterで こう反応
 
“I refuse to wear ties,”
 “I guess I don’t get to waste my time looking at celebrities whose existence is pointless.”
 
他のアメリカンジャーナリスト達からも
批判のコメントが上がっている。。。
 
 モメなきゃいいですが・・・・・(-_-;)

ウィリアム王子&キャサリン妃ご夫妻の
ファッションのみならず、
ジャーナリスト達にも注目しよう・・・・

 
------------------------------------
 
 
《Claridge's London ☆ Christmas Tree 2014》

11 / 19 (水) ~
 
ロビーに飾られたこのシーズンのハイライト!!

私ごとですが、ここのツリーを見て
一年を感じた次第・・・・
 
そっか・・・・BLOG初めて、
数年経つんだな~感慨深い。
 
Claridge'sの恒例 ”デザイナー・ツリー”のおかげでもありますが、
共に?(おこがましい(^_^;)
続けているから感じられることなんだなあ。。。
 
 直接教えて頂く関係になりたい(笑)
泊まりたい♡
London行きたい♡
実は、今日色々ありましてね、
本日、ってか今マックスで、行きたい病かかってます(笑)
 


以前もUPしましたが、

2009年から、毎年
《Claridge's London》 では
デザイナー達による、クリスマスツリーのデコレーションが行われてます。
《ジョン・ガリアーノ》
《ベロニク・リュロイ》
《アルベール・エルバス》
《ドルチェ&ガッバーナ》

2013年&2014年と、
2年続けて
《ドルチェ&ガッバーナ》
のお二人によって飾られた模様☆

昨年は、二人のルーツである、シシリーからイメージしたツリーでしたが、
今年はかなりテイストが変わり、
子供時代を思い起こさせるクリスマス・マジック
ブラウングラスのクリスマスデコレーションや、
キツネ、鹿、リスや、森の動物たちが暖炉の周りに集まり、
魔法にかけられた森のシーンをイメージ
 
あったか~い感じで好きだなあ♡
 
 
きゃあ~~
《Erin O'Connor》
♡♡♡
サイコーに可愛いっつ
 
 2013年

The Christmas tree for 2013 was decorated with a southern Italy theme to celebrate the designers heritage


---------------------------------------


《Katie Mullally ☆ ジュエリー》

先日知り合った英国のジュエリーデザイナー
《Katie Mullally》

元々、おばあさまがLondonで
ヴィンテージジュエリーのお店をやってらして
(私も住んでた時、行ったことがあるはず)
彼女もその血を受け継ぎ
クラシックで伝統的ながらも、
シンプルかつモダンなジュエリーをデザイン
見た瞬間好きっ!
って思った♡

是非チェック!

http://www.katiemullally.co.uk/
 
 箱もステキ~


きゃあ~~~♡♡
トキめいたっ


願いがかなうと言われている
”Wishbone”と”クラウン”
これらを一緒に♡


裏には”NO”
しかもちゃんと回るんです!
♡♡



 
-------------------------------------
     
『25ans オンラインコラム』



ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥
 
 http://www.25ans.jp/princess/catherine

お問い合わせ・お仕事の件
こちらから、お願い致します☆
 
↓↓
  dressagem@icloud.com
















2014年11月21日金曜日

《キャサリン妃 ☆ Place2Be Awards @ ケンジントン宮殿》 《Queen ♡ 67th Wedding Anniversary 》 《Harrods ☆ クリスマス Window》




《キャサリン妃 ☆ Place2Be School Awards @ ケンジントン宮殿》

11 / 19 (水)

 『the Place2Be 'Wellbeing in School' Awards』 
@ state apartments, Kensington Palace 

昨日19日夜、ロンドンでのご自宅ケンジントン宮殿で行われたレセプション&授与式☆
『the Place2Be "Welbeing in School" Awards』

2013年4月からキャサリン妃がパトロンとなっている、”Place2Be”


Place2Beは、
初等・中等教育の段階で
話すことや、アートワーク、遊びによって、子供達の弾力性を養う
 情緒的、治療学的サービスを供給
イジメや、死別、ドメスティック・バイオレンス、家庭崩壊、無視、トラウマなどの問題を含め、
 現在、9万人の子供達が関わっている。


The awards celebrate those often unsung heroes who make a real difference to the life of their school community through their commitment to children's emotional wellbeing. Parents, grandparents, teachers and others who have seen the life-changing work of Place2Be for themselves were asked to nominate their school leaders, parent and children champions and volunteers


子供達の問題について
特に関心を持っていらっしゃる
ウィリアム王子&キャサリン妃

そういったチャリティの為に
ケンジントンパレス: the State Roomを使いたいとお考えのようで、
まさにそれが実現した形☆
素晴らしい。


”the Garfield Weston Foundation”によってサポートされている
このアワードは
20人の最終ノミネート者の中から
7つのカテゴリーに分かれ、
優勝者が発表される。

キャサリン妃は、
”the Child/Young Person Champion Award
の勝者に盾をプレゼント
  The winner was 11-year-old 《Bailey Dunne》


 さて、この日のFASHIONは~
お久しぶりの単品コーディネート。

ハイストリートブランドと、デザイナーブランドのミックス!!!

キャサリンさんの本領発揮・・・・
と言いたいところですが
あんま良くない。。

ちと安っぽい(-_-;)
トップスがNGですね~
キャミっぽい切り替えに、素材がチープ
ロイヤルらしさとは真逆。

スカートは、トップスを、
むしろ同ブランドで 合わせた方が、
シックでステキだったと思われる。。

でも、
小物はオール使い回し。
しかも一番高いのは、イヤリング、次がマックイーンのベルト、
一番安いのがトップス・・・・
ブランドも値段もミックス
という上級者コーディを試みたキャサリンさん
やはりスゴイです。

髪はとっても♡♡
このヘアスタイルだから、まだ品良く見えてるほう・・・・

そして、もう一点、モノ申す(笑)
ベルト要らない~~!!! 
ぺプラムだし、
お腹に重いし
かえって目立つし
なんで付けた・・・・
でも、チャレンジ精神は買う(笑)
なにせ、このベルトいつぶり??
かつて2度使った懐かしいベルト。。
ホント物持ちよろしいね~



ドットのトップスHobbs》  "the Invitation Emilia" £89 ⇒ £60
サテンスカート《Jenny Packham》  ”2013Autumn コレクション” 
イヤリング《Cassandra Goad》  "Temple Heaven girandole earrings" £1,365
黒スエードクラッチ《Mulberry》
黒スエードベルト《Alexander McQueen》  "Glossed-Leather belt" £450
黒スエード靴《Jimmy Choo》  "Vikki or Aimee platform?" 
(=最初は 2014年4月 @NZ George's playdate)



動画♪




********************















 お腹膨らんできましたね♪
ベルト要らなくない??
 無理やり感・・・・ってか、重そうですし(^_^;)












 


 




 


”the Child/Young Person Champion Award
の勝者に盾をプレゼント


  The winner 11-year-old 《Bailey Dunne》
 
































 

***********************

OUTFIT

ドットのトップスHobbs》  "the Invitation Emilia" £89 ⇒ £60




Sheer elegance sums up the stunning Emilia top from our Invitation range. Black textured crepe forms a figure-flattering shape and the embroidered polka dot design lends this a little alluring appeal, making it perfect for that special occasion. Team it with a pencil skirt for a retro feel.
Fabric composition
99% polyester 1% elastane
Trim
100% polyester mesh 100% polyester binding



サテンスカート《Jenny Packham》  ”2013Autumn コレクション” 


Jenny Packham Fall 2013 RTW


イヤリング《Cassandra Goad》  "Temple Heaven girandole earrings" £1,365
  The 9ct yellow good pieces retail for £1,365






黒スエードクラッチ《Mulberry》


黒スエードベルト《Alexander McQueen》  "Glossed-Leather belt" £450







=2012/2/14 @Liverpool (中に着た黒ニットドレスに)


=2012/3/8 @ Leicester
 
 
黒スエード靴《Jimmy Choo》  "Vikki Pumps or Aimee platform?"
 (=最初は 2014年4月 @NZ George's playdate)

《Jimmy Choo》  "Vikki Pumps"??


《Jimmy Choo》  "Aimee platform"??




 カール控えめさらさら艶々のアップヘアは◎





--------------------------------------

 
《Queen ♡ 67th Wedding Anniversary

20 November 1947

@ Westminster Abbey




 


How they met
Now married for more than 60 years, Queen Elizabeth II first met her future husband Prince Philip when she was just 13 years old at the wedding of his cousin, Princess Marina of Greece. It was love at first sight for the young royal, and she remained devoted to the handsome 18-year-old, writing him letters throughout her teens.

Engagement
In 1946, the couple became secretly engaged – a controversial decision since Elizabeth's family were opposed to her marrying at such a young age. But in April 1947, her father, King George VI, finally gave them permission to wed, and Philip gave up his Greek citizenship and title and took on the surname Mountbatten. With news of their engagement already leaked to the press, the happy couple officially announced the news on July 9, 1947.

Philip reportedly proposed to his bride-to-be during a walk around the grounds of Balmoral, presenting Elizabeth with a platinum engagement ring with a large square diamond at its centre and smaller diamonds on either side.

The wedding
More than 2,000 guests were in attendance as Elizabeth and Philip became husband and wife at Westminster Abbey on November 20, 1947. The first royal festivity since the end of World War II, the wedding was celebrated across the country. Eight bridesmaids and two page boys took part in the ceremony, which was officiated by both the Archbishop of Canterbury and the Archbishop of York. The groom presented his princess with a wedding band of Welsh gold to wear alongside her engagement ring.

The dress
In order to make her wedding dress, Elizabeth famously saved up ration cards to purchase the material needed. The beautiful gown was made of ivory duchess satin and decorated with around 10,000 white pearls imported from America, silver thread and tulle embroidery. Her bridal ensemble also included a 15-foot patterned full court train attached at the shoulders, and a silk tulle veil held in place by a tiara lent to the princess by her mother. On her feet, she wore ivory duchess satin high heels, embellished with silver and pearls.

Elizabeth's bridal bouquet was made up of white orchids and a sprig of myrtle – from the bush grown from the myrtle in Queen Victoria's wedding bouquet. The following day it was laid on the grave of the unknown soldier in Westminster Abbey.

Reception
After the wedding ceremony, a celebratory lunch was held at Buckingham Palace where guests were presented with posies of white heather and myrtle as favours. The wedding cake was a grand affair, standing at nine-foot high, weighing 500 pounds and featuring four tiers. Made from ingredients received from the Australian Girl Guides, the cake was cut using Philip's sword. One layer was kept until the christening of Prince Charles and another was sent back to Australia by way of thanks.

Honeymoon
Husband and wife honeymooned in Hampshire, at the historic Broadlands house owned by Philip's uncle, Lord Mountbatten, and at Birkhill on the Balmoral estate. Almost exactly one year after exchanging vows, Elizabeth and Philip welcomed their first baby, Charles Philip Arthur George Mountbatten-Windsor at Buckingham Palace on November 14, 1948. And less than five years later, Elizabeth was proclaimed queen.



---------------------------------------


《Harrods ☆ クリスマス Window》

 


 

 
-------------------------------------
     
『25ans オンラインコラム』



ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥
 
 http://www.25ans.jp/princess/catherine

お問い合わせ・お仕事の件
こちらから、お願い致します☆
 
↓↓
  dressagem@icloud.com