2017年9月19日火曜日

《ウィリアム王子 ☆ キャサリン妃へのアボガド貰う》《キャサリン妃 ☆ 妊娠発表後初の登場?!》





《ウィリアム王子 ☆ キャサリン妃へのアボガド貰う》

キャサリン妃の妊娠が発表された後の
ウィリアム王子の公務

やはり沿道の皆様の心配はキャサリン妃

どうやら、
こんな可愛いプレゼントもあったよう❤️

小さな少年が手に持ってたのは
アボガド

それに気づいた王子が質問

この少年のままも妊娠中だとか

そっか、、妊娠中のママに
アボガドっていいらしい。

っていうか
栄養価高し、か。

でも高カロリーなので、
いっぱい食べちゃあ元も子も、、、だそう。

どうやら、
王子曰く
もうキャサリン妃
だいぶ良さそう、です。

早く公務に出てきて〜
(心の声)w






----------------------------------------------------

《キャサリン妃 ☆ 妊娠発表後初の登場?!》

9 / 18 (月)

the Anna Freud National Centre for Children and Families
– the new campaign by the Anna Freud National Centre for Children and Families". The campaign features a new animated film with an introduction by the Duchess.

ついにキャサリン妃登場〜!!!!
と喜んだ、、、

しかも痩せたっつ?!?!
と心配して。。

ケンジントンパレスが
Twitterを通して
"Anna Freud National Centre for Children and Families"
の動画を公開!

え〜
ファッションは着回しか、、、
しかも、
前回着てたのは
同じチャリティ公務!!

同じに合わせたの〜?!?!?!
すごい!!

とまで思ってた。。。

そしたら、この動画撮影
前回の訪問時ってゆーから、、、
(^_^;)

なんだよ〜、残念!

か、実は
私予想
ホントは、公務に出席予定だったのが
まだ無理、、、でこれを出すことに、とか?
考えすぎか。。。

とにかく、
この、キャサリン妃がパトロンであり
”Heads Together”
のチャリティパートナー、
8つのうちの一つでもある、
この団体アナ・フロイド

子供達&その家族のための
メンタルヘルスのサポートをしている団体。
なんと60年以上もの経験だそう。

その新たなキャンペーン
小学校を中心に
”You're Never Too Young to Talk Mental Health”
のサポートのため
キャサリン妃が動画でメッセージを。

このメッセージが好き

「Sometimes, it's just a simple conversation that can make things better」

ドレスコート《Eponine London》 (=2017年1月 @Anna Freud )


Talking Mental Health is an animation designed to help begin conversations about mental health in the classroom and beyond. The animation and accompanying resources have been created by a team of animators, children, teachers and clinicians, and is being taught to year 5 and 6 children around the UK





--------------------------------------------

『うめだ阪急 英国フェア』

ここで皆様に一番に
告知です☆

今年、なんと50回目というすごい記録!
のうめだ阪急”英国フェア”

その中で、なんとも光栄な
トークをさせて頂きます。

10月14日と、15日

2日間ですが、

場所と内容が異なりますので、
ぜひどちらもいらしてください〜〜

10月14日 14:00 〜、 16:00〜 
 @ 6F  イベントスペース

キャサリン妃や女王の
ファッションやスタイルのお話など。

10月15日 15:00〜
@ 9F 祝祭広場 

キャサリン妃出産記念!
出産にまつわる話や
ロイヤルファミリーのお話など。

ざっくりですが、お先に。
ぜひスケジュールを空けておいていただけると嬉しいです。

ぜひぜひ
お会いできることを楽しみにしています。


*************************************

『25ans オンラインコラム』

ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥ 

http://www.25ans.jp/princess/catherine

お問い合わせ・お仕事の件
こちらから、お願い致します☆ 

↓↓   

 dressagem@icloud.com
















2017年9月13日水曜日

《キャサリン妃の妊娠計画》 《ジョージ王子 学校で親友禁止?!》《ジョージ王子のスクール給食》《日本橋三越 英国展!》《Peggy Moffitt》《ビビット!》






《キャサリン妃の妊娠計画》

先日発表された
キャサリン妃の第三子ご懐妊発表

私も、さすがに今回の妊娠は
想定内のことだったのか疑問だったのだが
どうやら、これも予定通り?
という見方が。

"Sunday Evening"
による
情報提供者者いわく(いつもながら誰だ)
キャサリン妃はまだ子供が欲しかったと。

しかし、
ウィリアム王子はそもそも乗り気でなく
それをうまく説得するのが
キーだったとか。

また、友人(これまた誰だ?)が語ったところによると
近い友人たちでさえ、
ボーイ&ガールを産んだし
つわりは重いし
もう2人でストップかと思われていたようですが。。

しかも結果的には
ジョージ王子の入学に付き添えないという悲しき事態まで。

しかし
ご自分も3人兄妹のキャサリン妃は
やはり、2人以上望んでいたようで、

一方、ウィリアム王子は、
ご自身も兄弟お二人な上に、
ジョージ王子がなかなか難しいタイプらしく
最初のベイビーで大変さが身にしみたよう。

でも、
2人目のシャーロット王女は
楽なお子様のようで、
必ずしも、同様に大変とは限らない、、、
しかも過去2回の経験あり。
それが救い?か、説得ポイントに?

育てたことはないものの、
これぞまさに、
男の子と女の子の違い?
というものですかね〜。

とにかく、
キャサリン妃の説得というか、
お願いは成功したということね。

キャサリン妃の計画は絶対だ(笑)

ここで、
いきなり注目される発言をした、
お騒がせ、キャサリン妃の叔父さん
ゲイリーさんが
Twitterでジョーク交じりにコメント。
3人でも終わらないだろうって。。

Gary Goldsmith, joked on Twitter: 
“She’s a natural mother. I wonder if she will stop at three? I doubt it. They are having such fun with the babies.” 

アンマーホールからケンジントンパレスへ
引っ越しのタイミングとも重なり、
もうてんやわんやですねえ。

予定してたとはいえ、
また即出来ちゃって、
時期に関しては
早すぎて予定が狂った?
というのが、勝手な私予想w

先週、ケンジントンパレスは
キャサリン妃の体調がまだ良くなっておらず、
自宅で医師のケアを受けていると。
キャロルさんも
娘の世話をしているそうです。

Last night, a Kensington Palace spokeswoman said she “remains unwell” and is being cared for at home. Her mother Carole Middleton has been helping to look after her. 

これまでより酷いですねえ、、、
心配

私も恐れることだけれど、
今後の予定がどこまで可能か、、、

11月に海外ツアーも予定されていましたが、
これもどうなる?

訪問地は長距離ではないとは思われるものの、
何せ12週の壁までが
キャサリン妃を襲うので、
それを越えれば落ち着かれるかと。。。

先日のウィリアム王子の言葉から
キャサリン妃は、只今
11週とみられています。

ということで
やはり予想した通り、
4月出産予定☆




----------------------------------------------------------

《ジョージ王子 学校で親友禁止?!》

先日、ジョージ王子が入学された

トーマスズ・バタシー校

同級生となるママ・パパ

いや同じ学校ってだけで周りが自慢したくなりそう

もしくは、友達にならせよう、、なんて企む親も?!

いそうですが、、、

実はこの学校には、

あるルールが!

伝えられているところによると、

ベストフレンド禁止
の模様

内情に詳しい

英国のジャーナリスト
Loose Women's Jane Moore
によると

もし、生徒がパーティを開く場合

全ての生徒たちが招待されない限り、
招待状を配ちゃいけないらしい。

え〜〜〜!!

ですが、
皆平等でいいな〜

疎外感や変なグループ意識みたいなものが生まれなくていい。 


There's a policy that if your child is having a party - unless

every child is invited - you don't give out the invites in class,
which I think is quite a good thing as you don't feel excluded.
There are signs everywhere saying 'be kind' - that's the ethos of the school   

よって”親友”とか

特別な存在も生まれない、作ることをあまり良しとしないということか、、、
イギリスらしい、これも。

要は、

たった1人の友人を作ることより
広くコミュニケーション能力を築いた方がいいわけで。
ソーシャルスキルが重要
特にアッパークラスでは。

興味深い。。


そして、

理念は
”Be kind”

素敵な学校だ。


***************************


まだある、スクール話


《ジョージ王子のスクール給食》


イギリスといえば

”ご飯が不味い”
と言われたのは、もはや昔の話

給食も、かつては冷凍食品オンパレード、、、

だったようですが、
こちらは違います!

食育にも力を入れていうから、スゴイ


こちらの給食を担当している

ケータリングチーム曰く
ただ子供達に食べさせることより
より重要なこととして
バランス良く食べ物を楽しむことを目指している。
とのこと。

3週間サイクルで、メニューが変わり
季節に合わせた、新鮮でヘルシー、
栄養価の高いランチを提供

季節によって、

メニューも軽めだったり、
重めのものだったり調整されているよう。

合成着色料や人工香料などが使われている
ナッツ類は
絶対使用しないそう。

ざっと、

午前中のスナックは、
オーガニックミルクや水
フレッシュなサラダにフルーツ

焼きたてのフルーツパンなど

軽いもの。

ランチは、子供達の成長にとって

とても重要
ヘルシーで、バランスのとれた栄養価の高いもの

メニューを聞くと

5つ星レストラン?!さながら。。

例えば、ある日のメニュー

(2015年、過去のものですが)

豪華ブッフェさながら、


季節の新鮮野菜のサラダバーや、
デザートのヨーグルトは常時


--------------------------


午前中のスナック


Organic Milk Or Water Fresh Fruit Variety (Banana, Satsuma, Apple)

--------------------------


新鮮に調理されたスープ


Soup Of The Day
フレッシュパンのオプション
Freshly Baked Organic Brown/White Baguette Slice

-------------------------

”プロテインメインコース”


Freshly Prepared Authentic Lamb Ragout With Garlic and Fresh Herbs
ラムのラグー、ガーリックとフレッシュハーブ

”ベジタブル”

Organic Grated Cheese With Baton Carrots And Cucumber
(オーガニックチーズと、人参&きゅうりのスティック

”炭水化物”

Steamed Fibre Rich Whole Wheat Twisty Pasta 
(食物繊維豊富な全粒粉のフジッリのパスタ)

--------------------------


魚 オプション


Freshly Prepared Salmon Fillet With A Salsa Verdi 
(サーモンフィレのサルサべルデソース添え)

--------------------------

ヴェジタリアン オプション


Freshly Baked Courgette, Halloumi And Beetroot Layer Slice
(ズッキーニ焼きとビートルートのスライス) 

--------------------------

アレルギーのある子供にも対応


--------------------------


デザート


Freshly Baked Portuguese Egg Custard Tart With Strawberries 
(ポルトガル風エッグカスタードタルトのストロベリー添え)

そのほかにも、

オーガニックのトロピカルフルーツのスムージーや、バナナのミルクシェイクもある。

--------------------------


しかも、

グルテンや乳製品フリーや、
ヴェジタリアンのためのオプションメニューも。
アレルギー対応ももちろん。

多国籍の生徒たちがいることも関係あるでしょうね、

宗教的なものもあるでしょうし
さすが国際的なスクール!

みんな一緒、が当たり前では決してない。

っていうか、
成り立たない、それじゃ。

キャサリン妃も、

ヘルシーフードを心がけるなど
食には気をつけると言われているだけに
やはり、ここを選ばれたのも納得ですねえ。

しかし美味しそうだわ、、、❤️


5つ星レストラン並み!





https://thomaslondonday.fluencycms.co.uk/Catering-at-Thomass


-----------------------------------------------------

《日本橋三越 英国展!》


先週から開催中の

英国展

毎年恒例

ここから英国フェアのスタート
秋の始まりも感じさせます。。

遅ればせながら

やっと行ってきた。

知ってる方が増えて本当に嬉しいし

みなさんがすっごく頑張って
英国愛とともにお仕事をしていることを実感して
自省することが多い。

本当に英国好きの方々はアツい。






今回意図せずゲットしたものw

分析すると、どうやら

定番もの、ずっと待ち焦がれてたもの、おっ❤️
の3つに分かれた。

右はご存知リントンズ

これはマスト、毎日のお供。ミルクティーで。

真ん中は、びっくり&大興奮!

以前お土産にもらって以来大ファン
探しても日本では売ってなくて、、、と思ってたら発見!
どうやらオンラインでも買えるようになってたらしい。

しかも、この”レモンメルト”は売り切れ

なんと、リントンズのオーナーに譲ってもらって買ったとゆー顛末(^^;;
明日入荷するからいいよと。嬉しすぎーーー❤️

そして、大好きなエルダーフラワーに、なんとローズ!!!

これも、イアンさんのスワンで販売してた。



”ファッション部門”

もちろんこちらも覗くよねえ〜

いやあ、恋に落ちました、

このワイルドチェリー色❤️❤️

実際見るとコクと深みがある、

なんとも不思議なカラーで、
セクシーさすら感じた。

圧倒的な大人の色

子供には似合わない、絶対

ずっと、黒、、って思ってたけど、

これかもしれない、、、
これのジュリア
でかいやつ



しかもこのモデルがまた、、、、ビックリの素敵さ❤️❤️
この持ち手の長さが絶妙!
なんと上品なハンドバッグなの!!!
マチが三角になってて、
いっぱい入ります、見かけによらず。

あ〜〜、私、気分は終活予定なのに、、、、

欲しいモノばっか出会うなあ

それにしてもすごい絵面

目がチカチカするw




-------------------------------------------------


《ビビット!》


またまた、

お声かけ頂きました〜

しかも

”一言”のために、、、
有り難すぎますね〜〜、ほんと。

というわけで、

初公開!

私を”いじる”ディレクターさん(笑)

若いっつ!

可愛いっつ!
よく働きます!

先日初ロンドン、ダイアナ妃取材

いいね〜
王子たちにも会いました❤️

お世話になってます、とにかく。


私は言いなりです、、、w


若い人たちに、自分を委ねてみるって、

好きで、
とっても面白いです。
もちろん誰でもじゃあ、ありませんが、、

あ、若くなくてもだ、、、


新たな自分が発見をしてくれるのは

決して自分ではなく、
いつも周りの人です。

ありがたいことです。





-----------------------------------------------


《Peggy Moffitt》


60年代を代表するファッションアイコン


ペギー・モフィット


子供心に、すごく覚えている、この人の存在


多分、気づけば

いつからか
アイメークを真っ黒にし始めたのは
なんとなく、この人のイメージからだったのかも。
そして、ちょっと似てる感も?

美人というより個性的なお顔

もちろん、スタイルは比にもならないものの
鼻の下長いとか、、、w

現在77歳だってーーー

健在だあ〜〜!!

ってか、そのまま年取ってる!


私の、リアルな未来の理想は

きっとこんな感じ❤️

イギリスに居れるなら

さほど驚かれはしなくとも
日本にいたら、
何者?といたるところで、、、状態。

そんなもの怖がってちゃ

この国で年取れないってもんだわ。
楽しくなさすぎ

みなさま、覚悟しといてください。

派手さは、より加速しそうですww







--------------------------------------------

『うめだ阪急 英国フェア』

ここで皆様に一番に
告知です☆

今年、なんと50回目というすごい記録!
のうめだ阪急”英国フェア”

その中で、なんとも光栄な
トークをさせて頂きます。

10月14日と、15日

2日間ですが、

場所と内容が異なりますので、
ぜひどちらもいらしてください〜〜

10月14日 14:00 〜、 16:00〜 
 @ 6F  イベントスペース

キャサリン妃や女王の
ファッションやスタイルのお話など。

10月15日 15:00〜
@ 9F 祝祭広場 

キャサリン妃出産記念!
出産にまつわる話や
ロイヤルファミリーのお話など。

ざっくりですが、お先に。
ぜひスケジュールを空けておいていただけると嬉しいです。

ぜひぜひ
お会いできることを楽しみにしています。


*************************************

『25ans オンラインコラム』

ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥ 

http://www.25ans.jp/princess/catherine

お問い合わせ・お仕事の件
こちらから、お願い致します☆ 

↓↓   

 dressagem@icloud.com